INTERESTING DRAMA

オススメの海外ドラマ、国内ドラマの情報を発信!

ヒューマンズ 6話(Season 1)

スポンサーリンク

内容(ネタバレ含む)

教授が壊したはずのフレッドは生きていた。
教授はフレッドに特別なプログラムの話を伝え意思のもったシンスと共存する世界を創ると告げた。
フレッドは教授に自分を過小評価していると告げ、ドアの向こうの見張りを殺し銃を奪って逃げた。

マティーはジョーが出ていった原因がローラが隠す”トム”のせいだと思い込み、ローラと口論になる。
ジョーはトビーを待ち伏せて説得しようとするが、アニータも自分も傷ついたことがわからないのかとジョーを責める。

ニスカとミリガン博士が話をしているとオディが家に帰ってきた。
オディの修理がうまくいかないミリガン博士の代わりにニスカがオディを直した。

ニスカは現在9歳だと言う。
これまで子供のように扱ってもらえなかった。
襲われたことをレオたちに言えなかったと伝えた。

家に帰らないマティーをローラとアニータで迎えに行った。
ローラはマティーにトムの話をした。
トムは昔亡くなったローラの弟だった。
ローラが目を離した間に車にひかれてしまったことをずっと自分のせいだと思い、実の母親とは絶縁状態になっていた。
ジョーにもずっと言えないできたことを告白する。
アニータは何も言わずローラの話を聞き、少し切なそうな顔をしていた。
すると突然ミアの記憶が戻り、レオに”ミアがいるのは頭の中じゃないと伝えて”と言い残しアニータの中へ消えた。

マティーがマックスに会いにきてレオを探しに行くことになった。
死にかけたレオを見つけた2人はレオを運ぶ。
電気を流して手当をするマックスを見て怯えるマティー。レオは人間じゃないのか。。
レオが目を覚ました時にミアの人格にあったことをレオに伝えた。
レオの脳の一部は機械でできており、記憶の大半はデジタルで保存されていると言う。
その記憶を再生し、マティーに自分たちのことを伝える。
ミアが母親代わり、フレッド、ニスカ、マックスの順で作られた。
レオは13歳の時に水の中で死んだ。父親のエルスターがレオを生き返らせた時に今の体になった。

トビーはジョーに会いに行き、アニータの中にミアの人格があること伝え、ジョーを責めた。
その話を聞いたジョーは家に帰り、アニータを危険だと言う。
そこにマティーがレオとフレッドを連れて帰り、ジョーは家を出て行くよう言われた。
レオはアニータの頭の中以外を探し始めた。
マティーの助言でレオはついにミアを取り戻すことに成功した!
ローラは他に手助けする人がいないだろうからとレオたちを手助けすると伝えた。

ピートは妻と別れたとカレンに告げた。
カレンはお酒を飲むことは2度とないとピートに伝える。
ピートは寝る前にカレンの部屋を訪ねた。
カレンはピートにキスをして一夜を共に過ごした。
カレンはピートに自分の気持ちを伝え、シンスであることを証明して見せた。
ピートは慌てて部屋を出て行く。。

フレッドからレオに電話があって追っ手はいないと伝えた。
レオがマックスと共にフレッドを迎えに行くことに。
2人が家を出るのを確認したジョーが警察に通報してしまう。
警察に止められているところ、教授が来たことに気づいた2人は警察をまいて逃亡する。
そんな時にマックスの充電がなくなり、足手まといになりたくないマックスは川に飛び込む。
”死ぬのは行きた証だと”言い残して。
マックスは川の底に沈んでいった。

-END-