INTERESTING DRAMA

オススメの海外ドラマ、国内ドラマの情報を発信!

1話:長い旅路の始まり(What Lies Ahead)カール、ソフィアに危機!?新たな旅立ちは波乱の幕開け【ウォーキング・デッド シーズン2】

あらすじ

一行はアトランタからおよそ200km離れたフォート・ベニングへ向かうことに
しかし道中でキャンピングカーが故障し立ち往生することになる
するとウォーカーの群れに遭遇しなんとかやり過ごしたと思った矢先、ソフィアが森へ1人で逃げ込んでしまいリックは急いで後を追いかける

主な登場人物

  • リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)・・・生存者を率いるリーダー的存在
  • ローリ・グライムズ(サラ・ウェイン・キャリーズ)・・・リックを支えようとする
  • カール・グライムズ(チャンドラー・リッグス)・・・リックの背中を追いかける
  • シェーン・ウォルシュ(ジョン・バーンサル)・・・ローリを諦めるために距離を置こうとする
  • グレン・リー(スティーブン・ユァン)・・・デールに車の修理を教わる
  • ダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)・・・仲間を気にかけ進んで助ける
  • キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)・・・娘のソフィアが全て
  • ソフィア・ペルティエ(マディソン・リンツ)・・・12歳の少女
  • アンドレア・ハリソン(ローリーホールデン)・・・生きる目的を失い荒れている
  • デール・ホーヴァス(ジェフリー・デマン)・・・アンドレアを気にかける
  • Tドッグ(アイアン・シングルトン)・・・大柄で物静か

内容ネタバレ

モーガンへのメッセージ

早朝、リックは無線でモーガンに向けて疾病対策センターでのことや、これからアトランタを出てフォート・ベニングを目指すことを伝えた

200km以上の長旅、フォート・ベニングに向けて出発する

ハイウェイの墓場

道の途中、乗り捨てた車が山ほど止まっている道に行き当たった
バイクに乗っているダリルが先導し、途中まで順調に進んだがキャンピングカーが途中で故障してしまい足止めをくらう
車を直す部品や各々の必要な物を探すために、止まっている車の中を物色することに
車の中や道路には多数の死体があった

ウォーカーの群れと遭遇

デールが周囲を見張っているとウォーカーの群れがやってくるのが見えた
銃で警戒していたリックも早めに気づくことができ、近くにいたローリ・カール・キャロル・ソフィアに車の下に隠れるように指示をした
シェーン・グレン・ダリルも気づき車の下に隠れた
キャンピングカーの上で見張りをしていたデールは車の上に伏せる
一行は通り過ぎるのを静かに待つことにした

この時慌てたTドッグは腕を深く切ってしまい負傷する
キャンピングカーの中にいたアンドレアはトイレに隠れるが、1体車の中に入ってきてしまう
ウォーカーが車から降りようとしたときに物音を立ててしまいトイレにき来ると、扉が開かないように足で必死に扉を抑えるがウォーカーの力に推されてしまう
すると車の上にいたデールが天井の隙間からドライバーをアンドレアに渡し、入ってきたウォーカーの頭部を刺してなんとか難を逃れた

負傷していたTドッグは隠れられずにいると、ウォーカーが迫ってきて絶体絶命のピンチに陥るが駆けつけたダリルに助けられた

ウォーカーの群れが全部通り過ぎたと思ったソフィアは真っ先に車の下から出ようとし、後から来たウォーカーに見つかってしまう
ソフィアは恐怖でウォーカーから逃げるために森の中に入ってしまう

リックは急いでソフィアを追いかけソフィアに追いつくことができた
ソフィアを安全なところへ隠しそこで待つように伝え
リックはソフィアを追いかけていたウォーカー2体をおびき寄せ倒した後、ソフィアと別れた場所に戻るがソフィアはいなかった

ソフィアの捜索①

シェーン、ダリル、グレンに状況を説明しソフィアと別れた所を探すが見つからない
シェーンとグレンはみんなのところへ戻り、残ったメンバーとすぐ出発できるよう準備を進めることになった
森の中に慣れているダリルは普通の人が見つけられない足跡をたどることができるのでダリルの目を頼りにリックとダリルは捜索を続けた

シェーンの決断

カールは車の中で見つけた武器をシェーンに見せに行くが、シェーンに冷たくあしらわれた
その光景を見たローリはシェーンの態度を怒るが関わるなと言ったとはそっちだと言われてしまう
シェーンは自分が乗るための車を手に入れ、時期を見てグループの中から抜けると言った

ソフィアの捜索②

リックとダリルはウォーカーを1体見つけて仕留めると、何かを食べたばかりのウォーカーが気になり、食べたのがソフィアではないかを確かめるためにウォーカーの腹を切り裂いて胃袋を確認した
ソフィアが食べられた形跡はなく安心する
夕暮れになりリックとダリルは捜索を打ち切った
キャロルはソフィアを1人にしたリックを責め流が、シェーンがかばった
キャロルは泣き続けリックはその場を離れた

運命の分かれ道①

翌朝、全員で捜索することになりそれぞれ武器を持つことになる
アンドレアはデールに自分の銃を取り上げられており腹を立てていた
デールはアンドレアに銃を持たせたくないと言っていたが本当の理由はまだ明かされていない
シェーンは銃の扱いに慣れている者が持つのが安全だと判断し、リック・ダリル・シェーンのみ銃を持つことにする
音はウォーカーを引き寄せてしまうため慣れていない者には持たせられないとアンドレアを説得した
リックはカールをデールに預けようとしたがカールは自分も探しに行くと言った
ローリとリックは悩んだがデールが大人がこれだけいれば大丈夫だろと言ってくれたお陰でカールも連れて行くことになる

本心

アンドレアがデールの元に行き銃を返すよう言う
デールは研究所からアンドレアが脱出したことを自分のおかげと言ったが、デールがアンドレアを救ったのではなく、アンドレアがデールを仕方なく救ったと言い返されてしまう
アンドレアは自分のせいで誰かが死ぬのは嫌だったから外に出たのだった
デールはアンドレアが自分に感謝してると思っていたが、アンドレアは妹のエイミーを亡くし、生きる目的がなくなったからウォーカーに食べられたりすることなくあの場で静かに死にたかったのにその機会をデールが奪ったと主張した
死ぬ機会を奪われたアンドレアは娘でも妻でもない自分に口を出すなと言い残しソフィアの捜索に出た
デールは返す言葉もなかった

ソフィアの捜索③

車を修理するデール、負傷したTドッグを残し一行はソフィアの捜索にでた
少し歩くとテントを発見したのでキャロルが外から呼びかけるが反応はない
ダリルが中に入ると死体があり中はすごい悪臭だった
ダリルは死体が持っていた銃を持ち出し外へ出た
すると、遠くから鐘の音が聞こえ一行は音のする方へ急いだ

鐘は見当たらないが教会があったので中を見に行く
扉を開けると3体のウォーカーが座っていた
3体とも倒したが教会の中にソフィアの姿は無かった
すると鐘の音が鳴り出し慌てて外に出ると、教会の外に取り付けてあるスピーカーからの音だった
自動で鳴るように設定されていたのだ

シェーンの本音

キャロルは少し教会の中にいると言い中に入る
アンドレアは建物の外で座り込んだ
すると外にいるシェーンとローリの話し声が聞こえた
ローリはシェーンが出て行くことに関して話し始めた
カールはシェーンに嫌われたと思ってると言うと、シェーンは別れるのが辛くなるから距離を置こうとしてるだけだと言った
「君たちを失うんだぞ」と言われローリは何も言わずに教会の中へ入った
ローリの後ろ姿を見ているとアンドレアがいることに気づいた
話を聞かれたことに気づき、目があうがシェーンはその場を離れた
アンドレはシェーンを追いかけ、自分も連れてってと頼んだ
シェーンは乗り気ではなかったがアンドレアに考えておくように言われた

キャロルの懺悔

キャロルは教会の中で神にソフィアの無事を祈った
エドの死を望んだことを懺悔し罰せられるべきは自分だと言った
(エドの暴力や自分の娘を汚れた眼差しで見てたから死んでほしいと思っていたそう)

運命の分かれ道②

教会からみんなが出てきた
日が沈み始めていたのでシェーンはハイウェイに戻ろうとリックに提案した
だがリックは鐘の音を聞いていたらソフィアは近くにいるはずだと言い戻るのを拒んだ
リックは自分のせいでソフィアがいなくなったことに責任を感じており戻るわけにはいかないとシェーンに言う
シェーンは他のメンバーに先に戻るよう伝え、リックとシェーンは残って周辺を探してから戻ることにした
するとカールもソフィアを探したいとからリックたちと残ると言った

リックは先に戻るローリに自分の銃を渡そうとしたが、ローリはリックの銃がなくなることを案じて受け取らなかった
するとダリルがさっきテントで見つけた銃をローリに渡し一行は戻ることになった
アンドレアはその光景(銃をもらうローリ)が気に入らない様子で見ていた

リックの願い

リックは探しに行く前に1人教会に入りイエスに向かって語りかけた
信仰心は無く、普段は家族や友達を一番に信じているけど、今回だけは少しでいいから助けてほしいと神に頼んだ

妻として

先に戻る一行はキャロルの一言で足を止める
するとアンドレアが銃のことでローリに突っかかったので、ローリは銃をアンドレアにあげるといい差し出した
ローリはアンドレアに「その目つきにはうんざり」と言った
続けてキャロルに「リックを責めるのはやめて。迷わずソフィアを追いかけたのはあの人だった。同じ状況で同じことをできた人は他にいる?あの時別の方法があったなら教えて、どうすればよかった!?」と怒りをぶつけた
みんなは何も言わなかった
アンドレアは銃をローリに返し、先に進もうと言った

運命の分かれ道③

リック・カール・シェーンは森の中で生きている鹿を見つけた
シェーンは鹿に銃を向けるがリックが止め、野生の鹿を見たカールは嬉しそうに近づいていった
2人はそんなカールを笑顔で見守る
鹿とカールは目を合わせ、カールが徐々に近づいて行く
すると銃声がし、鹿とカールが同時にその場に倒れた

感想

今回のネタバレ内容の中で「運命の分かれ道」というタイトルを複数使いました。
これはカールの運命の分かれ道という意味でつけました。
・もしもカールがソフィアの捜索に向かわなかったら
・もしもリックがあの時捜索を打ち切っていたら
・もしもカールがリックたちと一緒に残らなければ
・もしもシェーンが鹿を撃っていたら
カールが撃たれることはなかったのに。
シーズン2はソフィアが行方不明になり、カールが撃たれ、子供たちが命の危機に晒された波乱の幕開けとなってしまった。

そしてデール・・・
彼はよかれと思ってアンドレアを説得し、その説得の甲斐あって一緒に研究所の爆発から逃れたと思ってきたのに
実際は違くてアンドレアにあんなにハッキリと否定されてしまい、どんなに傷ついただろう・・・
アンドレアの主張もわかるのでデールが正しかったとは言えないけど、いつかアンドレアがデールに対してあの時助けてくれてありがとうと思ってくれたらいいな。

気になるシーン

教会にいたウォーカー

  • 3体のウォーカーが全員お行儀よく椅子に座ってたけど、ゾンビってあんな風に着席するっけ?!
    リックたちが入ったら向かってきたけど、最後に残った1体は倒された2体がやられるところを見て気にするような素振りをしていたし、このドラマのウォーカーはこれまで見てきたゾンビ像と違い戸惑う・・・
  • 教会のスピーカーであれだけ音が鳴ってるのにウォーカーが集まってこないのはなぜ・・・

各エピソード詳細